読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S17の振り返りと自分なりの6世代の総括

・S17振り返り

今季はリアルが忙しくモチベは高かったもののあまり潜ることができずもどかしいシーズンとなりました。パーティーはS16と同様で技構成を少し変えたものを使っていました。最終日はレート1800半ばからスタートし、成績は最高2079、最終2012であり自分の力不足を痛感しましたが、強者の方々と対戦できとても楽しめたので満足しています。当たった方々対戦ありがとうございました。ちなみに一言コメントは通りすがりからフレンドにまでなってくれた尊敬する強者の方のもので「シンプルでかんせいしている」を用いてました。シンプルだったかは微妙なところです。

以下に構築とそのテンプレを記録として貼っておきます。

f:id:pokemon-1331:20160915000432p:plain

f:id:pokemon-1331:20160915000433p:plain

 

・6世代総括

 6世代の総括としていままで自分が使ってきた代表的な構築とシーズンごとの最高レートを記しておきます。ただの自己満の振り返りです。

・初めて6体自分で育成してレートに挑戦したパーティ(S2)

f:id:pokemon-1331:20160915000429p:plain

・初めてレート2000を達成した時のパーティ(S4)

f:id:pokemon-1331:20160915000430p:plain

XYのころはずっと積構築を考えてました。この構築の軸はユクシーバシャーモユクシーでステロを撒きあくびで起点を作り耐久に振り守を切って雷パン持ちのメガバシャーモで舞って全抜きを目指してました。もともとルカリオを使っていたのですがスカーフ持ちやゲンガーがつらく、その解決策として剣舞しつつ勝手にSが上がっていくバシーモに至った感じです。 

・初レート1位&単独2000になれたパーティ(S9)

f:id:pokemon-1331:20160915000431p:plain

 トゲキッスの悪巧みバトンからメガラティオスにつなぐパーティでした。メガラティオスの技構成はサイコショック/流星群/シャドーボール/身代わりで対応範囲が広く序盤は面白いように勝ててた記憶があります。また、襷マンムージャローダボルトロススイクンクレセリアが重くすべてを見れるポケモンはいないかと考えた結果先制技もちラムゲッコウガを採用していました。ふとした思い付きのパーティでありまさか1ページ目に行けるとは思わなかったので感動しました。またこのパーティがs13以降のパーティの原型になります。

・初めてレート2100を達成した時のパーティ(S13)

f:id:pokemon-1331:20160915143338p:plain

詳しくは→【ポケモンORAS】S13シングルレート使用構築【最高&最終レート2123】 - ポケモン構築メモ
このシーズンから最終日の追い込みをするようになりました。2100の壁はとても高かったです。

・初めてレート2200を達成した時のパーティ(S16)

f:id:pokemon-1331:20160915233711p:plain

詳しくは→【ポケモンORAS】S16 シングル 使用構築【最高&最終レート2208】 - ポケモン構築メモ
自分で作り2200にいけたとても思い入れのあるパーティです。

 

シーズンごとの最高レート(最終レートは覚えていない)

S1   1755・・・パーティのうち3体は旅パ個体
S2   1762・・・初めて6体育成した 
S3   1942・・・5世代と4世代の乱数調整を覚え、個体を量産
S4   2054・・・初レート2000
S5   2019
S6   1903・・・S6~S7は諸事情で対戦数控え目
S7   1824・・・S6~S7は諸事情で対戦数控え目
S8   2058
S9   2011・・・初レート1位
S10 2032
S11 1858・・・院試で対戦数控え目
S12 2010
S13 2123・・・初レート2100
S14 2025
S15 2192
S16 2208・・・初レート2200、最速2100
S17 2079

自分は周りにポケモンの対戦をやっている友達がいて話を聞いているうちにやりたくなり、XY発売一か月後に3DSとともにYを購入しました。それまではポケモンのストーリーをやるくらいでオンライン等のゲームはほとんどやったことがなかったのですが、まさかここまで熱中してやることになるとは思いませんでした。それだけポケモンは魅力的で最高のゲームだったのかなと思っています。
最後にもう一度、対戦で当たった方、また記事に目を通してくれた方ありがとうございました。